読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TeamSpirit Developer Blog

チームスピリット開発者のブログ

Tokyo Salesforce Developer Group 2017新年会に参加してきた

こんにちは。 株式会社チームスピリットの倉谷 (id:a-kura) です。

Introduction

久しぶりのブログになりますが、2017年1月25日(水)に開催された Tokyo Salesforce Developer Group 2017新年会 に参加 & LT してきましたので、簡単にレポートさせていただきます。

今回のイベントは、新年会ということでがっつりしたセッションというよりは、軽めの LT + 懇親会(寿司)での開催でした。普段より懇親会の時間を長く取ることができたので、いろいろな方を話すことができました。

Trailblazer パーカーを着て働き方改革に邁進するアストロくんは、イベントの LT でいただきました。ありがとうございます!

f:id:a-kura:20170127103653j:plain

Lightning Talks

正式なイベントレポートは参加者有志の方に譲ることとして、弊社エンジニアの LT だけふりかえります。

SWTT2016 ミニハックをふりかえる

山﨑のLT。

SWTT ミニハックにチャレンジし、全問回答したにも関わらず、賞品をゲットできなかった追悼的なやつです。

毎年いろいろな機能を使いこなす必要のある Mini Hack ですが、印象に残った課題とその琴線に触れたポイントを紹介してもらっています。

LINE Messaging API を利用した課題などは Hot な話題でした。課題ではあらかじめアプリケーションが用意されています。私もやってみましたが試してみる分には想像したよりも簡単にできました。

今年は事前に Web サイトから課題が確認できたので、今でも見ることができます。興味がある課題があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

Advent Calendar ふりかえり〜ただし、Qiita に限る〜

私の他力本願な LT 。

せっかくなのでランキングを発表したいと思い、Qiita のいいね数でランキングしてみました。 今年は、2記事にいいねが集中しており、どちらの記事も非常に面白かったです。

ただし、サブタイトルにあるように Qiita ではないブログに投稿してもらったものについては、カウントできないので対象外にしています。 よって、外部のブログで書かれた注目を集めた記事は、今回のランキングに反映されていません。どれも力作揃いなので一度眺めてみてもらうとよいと思います。

弊社エンジニアも何名か書いていますので、探してみてください。

Social Gathering

懇親会でいろいろな方とお話させていただきましたが、今年は Lightning Experience がキャズムを越えて本格的に普及し始める年になる予感がします。

Salesforce の方々(米国開発チーム含め)が本気であることはもちろんですが、Lightning Experience の機能も充実してきています。新規に導入については、Lightning Experience を選択されるお客様も増えてきており、活用事例としても揃ってきてます。

これまでは Classic(Aloha) との機能比較で採用するかどうかが語られてきました。しかし、機能的な差は徐々に埋められています。

また、昨年の Dreamforce で登場した AI「Einstein」がこの流れを大きく変える可能性があります。Einstein の利用開始が、どのタイミングかは分かりませんが、Einstein が利用したいという理由で Lightning Experience を導入する、またそれに備えて移行しておく、という流れが出てくると感じました。

Conclusion

今年も無事新年会を開催でき、2017年も始まった感じがします。

「イベントに参加してみたい!」という方は、Tokyo Salesforce Developer Group に参加しておくと、イベントの案内を受け取ることができます。

直近では、2017年3月1日(水)に Meetup #14 が開催される予定です。

では、今年も Developer Group を盛り上げるために微力を尽くそうと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

宣伝

来たる2017年2月9日(木)弊社にて CI/CD の勉強会を開催します。ご都合がよろしければ、ご参加ください。

teamspirit.connpass.com