チームスピリットデベロッパーブログ

チームスピリット開発者のブログ

【フロントエンドランチ #27 】潜入レポート!

こんにちは。プロダクト開発チームの松田(id:a-matsuda)です。

今回は、プロダクト開発チームで行っている「フロントエンドランチ #27」に潜入した様子をレポートします!!

フロントエンドランチとは

そもそも、チームスピリットのフロントエンドランチは、フロントエンド領域の気になる話題や、チームとして解決したいフロントエンド課題をネタに、和気藹々とランチしながら、侃々諤々盛り上がろうぜ、という取り組みです。フロントエンド領域に興味があれば、サーバサイドエンジニアでも、QAエンジニアでも、プロダクトマネージャーでも、誰でも参加が可能です。

2017年4月からスタートしたフロントエンドランチ、今回でなんと27回目、平均すると2週間に1回くらいのペースで続いていて、プロダクト開発チームの文化の一つとなっています!

過去のフロントエンドランチ

1年以上続いているフロントエンドランチですが、これまではどんなことを話してきたのでしょうか???興味のある方も多いと思いますので、少し覗き見してみましょう。

f:id:a-matsuda:20180705155444p:plain
過去のフロントエンドランチの様子

  • React Fiberってなに?
  • React.js Meetup に行った話
  • React v16でいろいろ嬉しい変更が入るのでさっと共有してみる
  • フロントDDDの記事シェア
  • reactのコンポーネントのテストはEnzymeでやってみたいなぁ

など、次期プロダクト開発で利用しているReactに関連するネタや、フロントエンド設計を考えたり、気になる勉強会情報をシェアしたり・・・守備範囲はかなり幅広いです。そして、

  • 湊さんのお悩み相談

フロントエンドテックリードである湊のお悩みを聞くなんていう会もありました。暖かいメンバーの集まりであることも伝わってきますね!!

フロントエンドランチ #27

2018年7月4日(水)13:00より「フロントエンドランチ #27」が行われました。

お弁当を持って集合!

メンバーがお弁当を持って集まってきました。フロントエンドランチもだいぶメンバーが増えて、今回は全部で6名が参加です。 まず、気になるのは皆どんなお弁当を食べてるか?ですよね??中華風、インドカレー、和風、サンドイッチなど、ここからも、メンバーの多様な嗜好性が感じ取れますね。とりあえず、それぞれがお腹を満たしていきます。

f:id:a-matsuda:20180705190451p:plain

おもむろにスタート

そして、過去はお悩みを相談していたテックリード湊が、爽やかに、おもむろに進行を始めていきました。

f:id:a-matsuda:20180705190841p:plain

こんなテーマで話が展開していきます

フロントエンドランチ、少し久しぶりなこともあって、重要な話と気になるネタが混ざりながら話が展開していきました。

  • コーディング規約のアップデート
  • 開発で利用しているモジュールの定期バージョンアップの話
  • ダイナミックインポート やってみたいなぁ
  • (業務の話に脱線)TeamSpiritの勤怠承認のこと(おっといけない・・)
  • ES2018 追加される機能には何があるの?
  • 最近気になったサービス(JSUIって知ってる?やっぱGitHubトレンドみないと!等)

その中でも、議論が白熱した2つのテーマについて少しご紹介です

ダイナミックインポート やってみたいなぁ

テックリード湊が、切り出しました。 「次期プロダクト開発で、モバイル画面開発に取り組み始めたこともあり、PCと比べて1画面に表示できる情報が少ないモバイルだからこそ、ダイナミックインポートをうまく使って、表示速度を早め、UX向上に取り組みたい。調べてみようと思っています!」

フロントエンドエンジニアの方であれば、ご存知だと思いますが、ダイナミックインポートは、必要な時、必要なJSのモジュールだけを読み込ませる技術です。全てのページをJSで描画するSPAなどでは、1つのJSが大きくなってしまうので、分割させることで表示の初動を早くできるのがメリット。これまでは特に利用するシーンがなかったんですが、モバイルの開発を機に検討したいというわけです。

湊からの問いかけに、メンバーからいろいろな反応が。

  • ダイナミックインポートが発生した瞬間は画面がみえず、インポートが終わった瞬間にボコッと表示されるよねぇ。あれってどうなの?
  • ローディング画面を出しとけばいいじゃない?
  • 実際に次期プロダクトのどの部分で使えるの??そういうシーンでどれくらいある?
  • 一覧画面は、基本はページングする仕様だから、スクロールで読み込みたいニーズはないよね?
  • スマホは初動が大切だから、必要なところだけ読み込むっていうのは理にかなってるよね。

などなど、、脱線がありながらも、各々の視点で意見を出し合いました。みんな楽しそうなのが最高です。今後に向けて、調べてみようとなりました。

ES2018 追加される機能には何があるの?

正規表現に多くの機能が追加され、細かいところが強化されている印象のES2018。フロントエンドランチ内でも、今回の変更をちゃんと理解して、どんなシーンで使えるの?というところをみていきました。 特に盛り上がったのは、以下の2つでしょうか。

  1. Promiseにfinally()が追加
  2. 正規表現のキャプチャグループに名前がつけられるように変更

一つ目は、6月にジョインした内藤が、どんな時に使えるのか、楽になるのかを力説!! 二つ目は、全員から感動のため息!! 特に、後方参照が追加になったり、replace()で使用できるなど、これまでは冗長な処理を書いて実現していたところが、一発で実現できる! やっと他のプログラム言語と近づいてきたね、みんな喜びの表情です。 f:id:a-matsuda:20180705203439p:plain

まとめ

このように、仕事とは違ってゆる〜く楽しみながら取り組んでいるフロントエンドランチ。今回はちょっとかための内容が多かったですが、開催のタイミングによって色が違うのも、これまた楽しいですよね。

フロントエンドエンジニア募集♪

チームスピリットでは、フロントエンドエンジニアを募集しています。フロントエンドランチの文化を始め、モダンなフレームワークや環境へのチャレンジができる面白い環境だと思います。 今回ご紹介した、フロントエンドランチに飛び入り参加いただくことも可能ですので、少しでも興味を持っていただいた方、ご連絡ください!(直接メッセージでも、下記の応募フォームからでも構いません)

エンジニア募集

パートナーオフィスアワー「アプリケーションライフサイクル管理 と Salesforce DX」にゲスト出演しました!

こんにちは、プロダクトディベロップメントチームの倉谷(id:a-kura)です。

AWS Summit Tokyo の期間中のとある2018年5月31日(木)に初回配信、2018年6月13日(水)に再配信されたパートナーオフィスアワー(構築力)Webinarにゲスト出演させていただきました。お呼びいただき、ありがとうございます。

f:id:a-kura:20180611011620j:plain

テーマ

  • アプリケーションライフサイクル管理 と Salesforce DX
  • Salesforce DX 事例

株式会社セールスフォース・ドットコムの川畑さんから米国で発表された資料を説明していただき、株式会社フレクトの齋藤さんから実際に Salesforce DX を実戦投入した話を共有していただきました。

私は昨年の Salesforce World Tour Tokyo で Salesforce DX について発表させてもらった経験からコメントさせていただきました。

f:id:a-kura:20180624141113j:plain

資料


Salesforce DX とは

Salesforce の考える Developer Experience を高めるための機能や仕組みの総称です。 Salesforce World Tour Tokyo で発表させていただいた内容を見ることができますので、Salesforce DX について知りたい、チームスピリットでどういった開発を行っているか知りたい、という方はぜひご覧ください。

teamspirit.hatenablog.com

どんな内容

アプリケーションライフサイクル管理 と Salesforce DX

まず、セールスフォース・ドットコム社の川畑さんから、アプリケーションライフサイクル管理のリファレンスアーキテクチャ、各種 Sandbox、Scratch Org をどのように利用していくか、変更を本番組織に反映させる方法について紹介いただきました。

リファレンスアーキテクチャのポイントは、ソース駆動開発では Scratch Org、宣言型開発では変更セット、メタデータを利用して反映するようにしているところです。どちらかに寄せるのではなく、適所適材で使い分けて両方使っていく方式が推奨されています。宣言型開発では組織ごとに依存する設定も多く、一から組織をソースコードをもとに設定し直す Scratch Org は得意とする分野ではないので、当然の選択なのかもしれません。

Salesforce DX 事例

次に、フレクト社の齋藤さんから Salesforce DX を開発に利用した事例を3つ発表してもらいましたので、大胆に要約してみました。

  • チーム開発するためにはソース駆動開発に切り替えるとよい
  • Scratch Org でブランチごとの環境を作成できるので、開発者同士や顧客とのレビューがスピードアップする
  • 外部連携がある場合は、固定で開発用に連携先環境を用意するか、外部連携が必要な開発は Sandbox で実施する

2つ目の事例では、昨年の Dreamforce で紹介のあった Scripting DX を利用して、ソースコードの自動同期を実現します。同じソースコードを同時に複数人で編集してしまうとコンフリクトが起きてしまいますが、うまく分担できていれば、効率的にソースコードを管理できそうです。

Salesforce DX を利用するためにはビジネス組織で有効化する必要があります。環境ハブと比べるとパーミッションを与える権限も限定的なので、利用しやすいと思います。こういった事例が出てくることで、Salesforce DX を活用した開発が加速していくとよいですね。

まとめ

Salesforce DX を導入していくにあたって、どのような使い方、運用をすればよいか、だんだんとドキュメントやベストプラクティスが集まってきています。

Salesforce DX のキラーコンテンツの1つである Scratch Org を利用した事例も増え、Salesforce DX を扱うための設定ファイルなどを揃えたテンプレートもあり、Salesforce DX に関するブログ記事なども増えてきています。

プロダクトを開発している会社としては、パッケージング 2.0 がどうなるか気になるところです。次の Dreamforce では何か動きがあるとよいですね。Salesforce DX 自体の完成度も上がってきていますので、次の Dreamforce あたりではブレイクしてくるかもしれません。

github.com

宣伝

弊社チームスピリットでは、定期的に勉強会を開催しております。connpassでメンバーになってもらうと、通知を受け取れるようになりますので、ぜひよろしくお願いします。

teamspirit.connpass.com

【Developers Summit 2018 】「徹底討論!!Salesforceはエンジニアを幸せにするか?」に、チームディレクター・倉谷が登壇しました!

こんにちは。プロダクト開発チームの松田(id:a-matsuda)です。 今年のスギ花粉は威力がすごいですね。花粉症と20年付き合っていますが、ベスト3に入る当たり年かと思います!

さて、2018年2月15日〜16日、ホテル雅叙園東京(東京・目黒区)で開催された「Developers Summit 2018」のセッションに、プロダクト開発チームディレクターの倉谷(id:a-kura)が登壇をしました。

https://i0.wp.com/img.logmi.jp/wp-content/uploads/2018/03/IMG_2420.jpg

https://www.teamspirit.co.jp/blog/staff/DevSumi_001.jpg

セッションタイトルは「徹底討論!!Salesforceはエンジニアを幸せにするか?」 。業界のトップランナー6名が、Salesforceに携わるメリット・デメリットを包み隠さず語り尽くしました。

セッションの様子が、いつくかのサイトで記事になりましたので、ぜひご覧ください!

魂のブログ

チームスピリットの本家ブログです。業界のトップランナーたちの言葉を拾いながら「エンジニアから見たSalesforceの面白いところ、凄いところとは?」にフォーカスして、記事化しています。Salesforce開発に携わっている皆さんはもちろん、そもそもPaaS開発ってどんな感じ??と言うエンジニアの方も、PaaS開発のイメージが湧く内容になっていると思いますので、ぜひご覧ください!

www.teamspirit.co.jp

logmi(ログミー)

logmi(ログミー)でも記事化されました。「Salesforceでアプリ開発、ぶっちゃけどうなの? 現役エンジニアたちが語る、技術者としてのキャリアの作り方」と題して、セッションの内容が詳細に記事になっていますので、合わせてご覧ください!

logmi.jp

とあるStartupに勤めるエンジニアの技術ブログ

登壇のコメントに代えて、とあるStartupに勤める倉谷(id:a-kura)のブログをご紹介です! 登壇された方々の立場の違い、取り組んでいることに違いがある中でも、共通していたメッセージについてまとめています。

a-kura.hatenablog.jp

セッションまとめ

Salesforceの開発環境を使い倒している、そして現場で多様な役割を担ってそれぞれに活躍をしている、業界のトップランナーたちのセッションで、私も楽しみにしていました。時間はかなり短く、もっと聞きたいという気持ちが大いに残ったというのが本音ですが、エンドユーザーに素早く価値を提供していくという目的を達成するためにSalesofrce環境はとても適していること、エンジニアとして使い倒していくことで新しい技術に触れることもできる面白さ、そして登壇した皆さんのSalesforceへの愛情(!)が伝わるセッションでした。倉谷さん、皆さん、お疲れ様でした!

ところで、倉谷(id:a-kura)ってどんな人???

「ところで、倉谷(id:a-kura)って誰?どんな人??」と興味を持ってもらった方も多いと思いますので、順番が前後しますが、倉谷(id:a-kura)をご紹介します!

f:id:a-matsuda:20180403195923p:plain
この人です

もともとは、SIerで開発からプロジェクトマネジメントまでを経験してきたエンジニアですが、弊社に入社してからは、QAエンジニア、QAリードとして急成長するプロダクトを品質面から支え、現在ではディレクターとしてプロダクト開発チームをリードしています。

今でこそ、20名を超えた開発チームですが、倉谷が入社した当時、開発メンバーはなんと片手で数えられるぐらいの人数!それでもお客様にプロダクトとしての価値を提供できていたのは、「Salesforceには、Platformとしての機能が揃っており、少人数で開発できた」からでしょう。

倉谷は、開発エンジニアとしてのスキルは高く、Dreamforce'15(Salesforce.comが毎年開催する世界最大級のソフトウェアカンファレンス)のミニハックで5位入賞したり、国内のハックチャレンジで1位を獲得し賞金100万円をゲットするなどの実績もあるほど。 しかし、倉谷は入社後、早くから品質面にフォーカスして、プロダクトの急成長を品質面から支えて貢献。

www.teamspirit.co.jp

www.teamspirit.co.jp

www.teamspirit.co.jp

弊社に入社する前であれば、倉谷のキャリアは、開発エンジニアとしてスペシャリストを目指す、あるいはプロジェクトマネージャーを目指す、ということだったかもしれませんが、弊社がSalesforceを利用していたからこそ、倉谷のキャリアの幅も広がったのではないでしょうか。

倉谷は、QAエンジニア、QAリードとして、登壇経験も多数、ディレクターとなった現在でも、テストアナリストの試験を受けて合格するなど、スキルアップには余念がありません!

teamspirit.hatenablog.com

a-kura.hatenablog.jp

また、課外活動として、Salesforce Developer Group Tokyoのオーガナイザーや、Podcastsブログなどもやっており、Salesforceコミュニティへの貢献が認められて、Salesforce MVP Winter'17/'18 にも選ばれています!

開発だけでなく、品質面、運用面など広く見てきており、また課外活動でインプット・アウトプットに余念がない倉谷だからこそ、プロダクト開発チームをリードする存在として、今後ますますの活躍が期待されています!

働き方改革クラウドサービス"TeamSpirit"を、一緒に成長させよう!

チームスピリットでは、倉谷のような業界のトップエンジニアと一緒になって「こんなサービスを実現したい!」というアイデアを実現したり、TeamSpiritをよりよいサービスに成長させてくれる原動力となるエンジニアを随時募集しています。 ぜひ少しでも興味を持っていただきましたら、オフィスに遊びに来てください!

エンジニア募集

Salesforce Developers Meetup #17 LT登壇観戦レポート

こんにちは、倉谷(id:a-kura)@花粉症で目が痒い です。 皆さま、一気に暖かくなって花粉が舞い飛ぶ季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか? 私は、ちょうど Salesforce MVP 更新時期で Rearward されるかドキドキしています。

さて、2018年3月1日に開催された「Salesforce Developers Meetup #17」に弊社から2名がLT登壇してきました。私はその様子を観戦してきましたのでレポートさせていただきます。

山﨑 : YACD(Yet Another Chatter Desktop)横内 : Lightning Design Systemのいろはと最近のアップデート
チームスピリットからLT登壇した2名(山﨑、横内)

感想

山﨑:YACD(Yet Another Chatter Desktop)

山﨑(id:dackdive)は Summer'18 で Chatter Desktop が廃止となることを受けて、Electron で Chatter Desktop の代替アプリを作成している取り組みを発表しました。単に代替アプリを作成しているだけにとどまらず、Electron、Salesforce と Electron アプリの認証、Chatter API など様々な技術検証をしています。

www.slideshare.net

また、GitHubでリポジトリを公開していますので、ご興味のある方は覗いてみてください。Electron を利用して Salesforce 用のデスクトップアプリケーションを作成したい場合などノウハウを使いまわせると思います。

GitHub - zaki-yama/chatter-desktop: Chatter Desktop made with Electron

チームスピリット・アドベントカレンダーで同じく山﨑が投稿している下記の記事も合わせて読むとよいと思います。Platform Event を利用したリアルタイムで連携するアプリケーションを作成できるので、その他のことにも利用できそうです。

teamspirit.hatenablog.com

横内 : Lightning Design Systemのいろはと最近のアップデート

横内(id:ts-yokouchi)から Lightning Design System について話しました。 Lightning Experiece が本格的に開発に利用されるようになると、それらのデザインを統べる Lightning Design System を知らないわけにはいきません。また、これほど大規模で運用されている Design System は珍しく、Salesforce 界隈以外でもデザイナーに言及されることがあるようです。

今回は、Spring'18 の機能追加に伴い、Lightning Design System にも多くの追加や変更がありました。この発表では、それらがどういったものだったかまとめています。Activity Timeline、Brand Band、Carousel、Chat、Mapなどが追加になったそうです。

特に印象的だったことは、発表のなかで今回のアップデートの特徴として柔軟性が高くなっている点が挙げられていました。実際に、Spring'18 のリリース内容を見てもテーマカラーを設定できるようになったり、カスタマイズできる箇所が大幅に増えたりしており、同じような方向性を感じています。Spring'18 で大幅に柔軟性が上がったことで Lightning Experience への切り替えがさらに加速しそうです。

もう一つ感じたこととしては、Lightning Design System が Classicのときのデザインとは異なり、かなりの勢いで進化していくことです。これまでは、Visualforce の決められたタグを利用していればデザイン崩れなどは気にする必要がありませんでした。しかし、今後はバージョンごとにデザイン崩れを気にしていく必要があるかもしれません。このあたりは、今後も注視していきたいと思います。

Salesforce Developers Meetup #17

公式サイトでもイベントレポートが公開されています。その他に発表された方々の発表資料、イベントの様子が分かるような写真やツイートまとめなどが掲載されていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

sfdg.tokyo

宣伝

弊社チームスピリットでは、定期的に勉強会を開催しております。下記のサービスでメンバーになってもらうと、通知を受信できるようになりますので、ぜひよろしくお願いします。

teamspirit.connpass.com

デザイナーミーツエンジニア 〜知ろうお互いを、そして考えよう〜 参加レポート

f:id:a-matsuda:20180211003622j:plain

みなさんこんにちは。PDチームの松田 (id:a-matsuda) です。

今回は、チームスピリットでプロダクトデザインを担当している横内 (id:ts_yokouchi) が発起人となり、1/31(水)に開催した勉強会「デザイナーミーツエンジニア」の様子をレポートします!

teamspirit.connpass.com

本イベントではデザイナーとエンジニアの協業に焦点をあて、様々な角度から議論を深めました。登壇側だけでなく参加者の方々も質疑応答や懇親会を通して、「コラボレーション」について存分に語り合う会になりました。記事後半には、参加者された方々に回答いただいたアンケートより、参加者のみなさんがどう協業に取り組んでいるかについてもまとめています。

おかげさまでたくさんの方に参加ご応募いただき、当日は50名強ほどの方にご参加いただきました。デザイナーとエンジニアの割合は4:5くらい(その他の職種の方もご参加いただきました)となりました。

当日のハッシュタグの様子はこちらです。

togetter.com

Lightning Talk

(発表順)

「頑張らないシステム亅吉川 雅彦さん

speakerdeck.com

まず最初のLTは、吉川さん。 課題や問題があるときには、視点を変えて、根本から変えられないか考える。そのときに重要なのは頑張って解決するのではなく、頑張らずに解決すること。 デザイナーとエンジニア間の頑張らないシステムとは?事例を交えてのお話でした。

デザイナーとエンジニアの関係性だけでなく、様々なテーマの課題や問題の解決を考えるときに、重要な考え方だと思いました!

「共有地点DOKO」たじま ちはるさん

speakerdeck.com

デザイナーとエンジニアの共有地点、DOKO?DOKO、DOKO?と私は興味津々でした。

たじまさんのお話はデザイナーとエンジニアだけでなく、ディレクターとエンジニアの関係性でも共感できる部分があります。もっと言うと開発や制作の現場だけでなく、チームで仕事をしていくときの基本のようにも感じました。

発表の中で紹介されたクリエティブブリーフ、さっそく弊社でも活用して次期製品見直しを行っています!

「チームをかえていくこと そして、泥臭さについて亅横内宏樹

speakerdeck.com

いい感じにデザイナーとエンジニアが協力し、開発の真ん中にデザインがある、そんな開発のかたちを作っていきたい。チームに変えていくために横内がチーム内で取り組んだこと、そして変わりつつあるチームは今など、熱い内容のトークでした。

一人からでも、チームに変化を及ぼせることを体現してくれた横内が、人知れず取り組んでくれていたことも知れる、興味深い内容でした!!

「エンジニアから考えるデザインチームビルディング」大木 尊紀さん

speakerdeck.com

大木さんの会社ではエンジニアとデザイナーがどのように歩み寄りを見せているのかをリアルに公開してくれました。

印象的だったのが、デザイナーとエンジニアが一緒になって、お互いがやりやすい方法を考えるということ。 結果的にデザイナーがエンジニアの開発フローやツールに乗ることを決めたそうですが、チームの皆が腹落ちしながら改善を進めて成果に繋げているところがすごいなぁと思いました!

パネルディスカッション

LT登壇者の方々(横内のぞく)と元デザイナーでエンジニアのナユさんを交え、モデレーターとして弊社の山崎 (id:dackdive) による進行でディスカッションが行われました。パネリストの方々には「さっくばらん」に喋っていただき、現場の抱える悩みを根本から語らう時間になりました。

話し合ったテーマ

募集時にあつめたアンケートから以下のテーマをいただいてディスカッションを行いました。

  • 作業分担時にこじれないために気をつけていること
  • 作業に入る前のスケジュールの立て方
  • 外部のデザイナーとの付き合い方
  • 仕様書はどのようなものを用意していますか?
  • お互いの伝え方で気をつけていること。
  • 失敗事例と改善案
  • お互いに知っていてほしいこと

印象に残った話

箇条書きになりますが、語られた話の中で私は以下のような内容が印象に残っています。

  • わからないことはわからないままにしない
  • わかっている人がわかっていない人に伝えることが自然にできるチームづくり
  • 目的やゴールをチームで共有する、デザイナーとエンジニア間だけでなく!
  • デザイナーは、どうしてそのデザインにするのかの意図や理由を明確に伝えられることが必要
  • エンジニアもデザインの観点で、デザイナーにフィードバックできないといけない。エンジニアもデザインを学ぶべき
  • デザイナーを会議に呼んでくれ!

LTの中でも繰り返し出てきた「プロジェクトおよびお互いの意図」共有するということがパネルディスカッションの全編を通じて話されていたように思います。

アンケート

当日回答をお願いしたアンケートでは、ブログへの掲載可否を記載していただきました。載せても良いと言っていただいた内容をまとめて掲載いたします。

全体の感想

大まかには以下のような感想をいただくことができました。

  • 参考になった、いろんな意見が聞けた
  • コミュニケーションの大切さを再確認した
  • お互いの考え方の違いを実感できた
    • お互いを知ることの大切さ
  • 運用に入る時の体制づくりについても聞いてみたい

協業のための取り組み

「今協業のためにとりくんでいること・これから取り組もうと思っていることはありますか?」という質問に対して、かなりのボリュームかつ内容も多岐にわたる回答をいただきました。そのまま掲載させていただきます。

コミュニケーション

  • 意識していませんが、毎月プレミアムフライデーやっています
  • エンジニアさんは、仕様決定やデザイン上のチャレンジなど「できれば巻き込まれたくないに違いない」と勝手に思い込んでいたので、これからは巻き込んでいこうかなと思いました。相談することで自分の勉強になる。という部分など、本当にそのとおりだと思うので
  • コミュニケーションや認識のすり合わせの場を設けたい。社内勉強会を行っていきたい
  • フリーランスだと自分の作業工程の前後がどうしても見えにくい(それでいて、そこをおさえておかないと良い仕事ができない)勉強会やコミュニケーションをとれる機会を利用して各工程の意見をひろうようにしている
  • お互いの歩み寄り
  • 職種の垣根をなくすこと
  • 一緒にランチをとるとか、まずは業務以外の部分で共有できるところが増やせると良いなと思います
  • エンジニアだけでなく他部署とのやりとりでデザイナーとして最大限取り組めることを考えたいと思います
  • 困っていることがないか?というふうに声をかける
  • パネルディスカッション的なミーティングや会議をしてみたいと思います
  • ツール導入の教育コストがチーム内でとれない状況があり、ツール導入時の効果を想定して話し方工夫しました
  • まずは社内のデザイナーさんとコミュニケーションを取ることから始めたいです
  • その人の立場になって、考えた上で話すこと
  • 自分のスキルをあげること、自分がいちばん下っ端だからと発言をすることに抵抗があるので、スキルを上げたいと思っていたけど今回参加して上下関係無くコミュニケーションをまず取ろうと思った

お互いのことを知る

  • 相手と相手の仕事の学習
  • デザイナーですがフロント側の勉強をはじめました。完全分業ですが知っていて損はないです
  • コーディングの勉強、実際にprotを作って実装依頼をしている

プロセス・設計・ツール

  • Atomic Designについてデザイナーに打診した
  • デザインのレビュー環境を整える
  • デザインレビューをプロダクトに関わるメンバーが気軽に参加できる環境作り
  • 意見であった「ルールをつくらない」が腑に落ちた、コミュニケーションベースで
  • Zeplinの使用
  • 現状→レビュー会、社内報などなど、特に成果を可視化することで信頼構築のフェーズ
  • 目標→ペアデザイン
  • 企画〜開発まで協働している。目的や指導のすり合わせをことあるごとに行い目指す場所を一致させている
  • マニュアル、手順書のドキュメント化、ルール化をすすめています
  • デザイナーももっとエンジニアの業務に関わっていけるような仕組みづくり。働きかけ
  • 情報共有、手順や効果などのドキュメント作成
  • すべてのレイヤーに首をつっこむ
  • 首尾一貫できる(Director → Designer → Frontend Engineer)ツール導入を検討しています

その他

  • 意欲的に今回のようなイベントに顔をだしている
  • 自分がディレクションすれば基本的に協業すると思っています
  • デザイン系の本の布教

まとめ

「みんなはどうやっているんだろう」という疑問への回答、関係性をよりよくするために一歩前進する方法など、参加した人が何か一つは持ち帰ることができる勉強会だったのではないでしょうか。

私自身は、エンジニアやデザイナーとして最前線で開発をしているわけではないのですが、チームや自分以外の周囲の人との関係性を考える上でのヒントをもらえたような気がしています。

懇親会では「他の職種との協業についても話を聞きたい」「もっと具体的なもっと具体的な役割など細かいところが聞きたい」などといった声も聞かれました。デザイナーミーツエンジニア第2弾 Deep Dive が楽しみですね!!

チームスピリットでは定期的に勉強会を実施しています。ぜひ次回も楽しみにして下さい!

teamspirit.connpass.com

【2018年度】グローバルインターンシッププログラムを開始しました!<海外大学生歓迎!日本語不問◎>

こんにちは。プロダクト開発チームの松田(id:a-matsuda)です。

プロダクト開発チームでは、
海外大学生向けのインターンシップを開始しました!

チームスピリットでは、昨年11月に、初の海外法人となる「TeamSpirit Singapore Pte. Ltd.」をシンガポールに設立し、「TeamSpirit」のグローバルでの販売活動を本格的にスタートさせました。
「TeamSpirit」を開発するプロダクト開発チームも、人種を問わず優秀なメンバーと、
もっと多様な視点を持って創造的なプロダクトを作っていくことを目指し、今回のプログラムをスタートしました。

概要

今回のグローバルインターンシッププログラムは、 企業向け業務アプリケーション分野をリードするクラウドアプリケーション「TeamSpirit」を開発している、技術力が高く経験豊富なエンジニアとともに、 実践的なプロダクト開発を経験していただけます。

  • JavaScript モダンライブラリ React / Redux を採用
  • 最先端のPaaS「Salesforce Platform」を利用
  • 単なるワークショップやトレーニングではありません!リアルなプロダクト開発、アジャイル開発を体験することができます!
  • チーム内のコミュニケーションは英語で行います、日本語スキルは不問です!

ぜひ、4週間のインターンシッププログラム in TOKYO に参加してください!

詳細&お申し込み

www.teamspirit.com

To foreign students

Join us for a 4 week internship program in TOKYO!!
TeamSpirit Global Internship Program (TSGIP), that offers the unique opportunity to gain invaluable personal and professional experience by working hand-in-hand with our experienced engineers developing the market leading cloud application, TeamSpirit.
In TSGIP, you will get hands-on experience of practical application development using JavaScript, JavaScript modern library React/Redux, and leading-edge PaaS, i.e. Salesforce Platform.
You can also experience the real world agile development, not in workshop or training!
Communication within team will be done in English (Japanese skill is not required).

www.teamspirit.com

プロダクトディベロップメントチーム解体新書!(人・趣味編)

みなさま、明けましておめでとうございます。 本年も TeamSpirit Developer Blog をよろしくお願いします!! PDチームの松田(id:a-matsuda)です。

今回は、プロダクトディベロップメントチーム(以下、PDチーム)を解体したらどうなる?という企画の後編となります。
前回の「技術・開発環境編」はいかがでしたか? 切り口は技術や開発環境でしたが、PDチーム一人一人の個性が滲み出る内容にはなっていたかと思います。
後編では、人にフォーカスし「人・趣味編」としてお届けします ♪
前回に引き続き、PDチームメンバーに、マクロミル社のセルフアンケートシステムQuestantでアンケートを行い、その結果をまとめました。

f:id:a-matsuda:20180112151122j:plain

あなたの性別を教えて!

PDチームのメンバーは、ご想像のとおり多様です!まず性別ですが、チームの1/4が女性で、そのうち半分以上が、お子さんを育てながら、仕事も両立しているママエンジニアです。まだまだ女性が少ないので、増えていくといいなと思っています!
また今回、アンケートはとっていませんが、PDチームには中国出身のメンバーも2名おり、国籍や性別を問わず、みな活躍しています!

f:id:a-matsuda:20180105215752p:plain

あなたの年齢を教えて!

30代に続いて、20代、40代がほぼ同じ割合で、非常にバランスの良い年齢構成となっています! 私たちは、"TeamSpirit"を開発しているスタートアップ企業のプロダクト開発チームなので、若手メンバーが多いイメージがあるかもしれません。
実際にはグラフの通り、若手メンバーだけでなく、経験のあるメンバーも多いので、明るく勢いはありますが、全体的には落ち着いていて相談もしやすいチームだと思います!

f:id:a-matsuda:20180105215701p:plain

あなたの血液型を教えて!

みなさん、日本人の血液型の発現率をご存知でしょうか。大まかに、A型が40%、B型が20%、O型が30%、AB型が10%だそうです。

PDチームはというと・・・みなさま、ご覧ください! 際立つのが、O型が最大勢力であることと、AB型がなんとなんと”19%”もいること。

f:id:a-matsuda:20180105215831p:plain

ちなみにみなさんご存知かもしれませんが、AB型は世界中で4%の割合しかおらず、AB型が0%の国があるくらい、AB型は極端に少ないのだそうです。
ちなみに、民族別で最もAB型が多いのは、日本のアイヌ民族で、その割合はO型17%、A型32%、B型32%、AB型18%だそう。AB型の割合が2割近いとは奇跡的なことで、世界を見ても他にはないそうです。(ちなみに私は、マイペースB型です)
このチームで奇跡が起きていること、そしてどこかの血液型に偏っていないということ、が見えてきました!全部の血液型がしっかり自分をアピールしている感じ・・というのがチームをよく表しているかも!

前職の事業内容を教えて!

がらっとかわって、前職の事業について聞いてみました。SIまたはソフトハウス出身のメンバーが約半数、自社プロダクト・サービス開発からの人は3割くらいでした。 プロダクト開発の経験がないメンバーも多いですが、すぐにチームに馴染んで、ガシガシとプロダクト開発を推進しているメンバーばかりです。前職の事業にかかわらず、TeamSpiritを通してお客様に価値を届けたいという共通した思いをもって、開発をしています。

f:id:a-matsuda:20180105224146p:plain

仕事以外の時間、何をしているか教えて!

これも興味深い、仕事以外はみな何に時間を使っているのでしょう??

f:id:a-matsuda:20180105224415p:plain

  • No.1 ”読書”が圧倒的ですね。みんなどんなジャンルの本を読んでいるのでしょうか??Slackの雑談チャネルでは、技術書はもちろん、ビジネス開発や一般的なビジネス書まで、いろんなジャンルの本が話題のぼっています。
  • No.2 ”子育て”!ママエンジニアだけでなくパパエンジニアもいますので、それを表していますね〜。みんな家でもがんばってる!!
  • No.3以降 ”映画・テレビ、音楽鑑賞”、そこに混じって、やっぱりみんな大好き”技術のキャッチアップ”や、”料理”や”筋トレ”などオフィスでも主張の激しい趣味たちがランクインしています!

主張している趣味・料理

11/29に(イイニクの日)、美味しいお肉をふるまってくれたりします。みんな、相当お腹がすいてるんでしょうね。必死にサンドイッチを作っている様子が。笑
すばらしい趣味を持ってくれて、ありがとう!

f:id:a-matsuda:20180106000209j:plain f:id:a-matsuda:20180106000224j:plain

主張している趣味・筋トレ

チームスピリットの部活動として暗黙の公認となっているヘルスケア部では、筋トレを推奨しています。チームスピリットで僕と筋トレ!(by部長) f:id:a-matsuda:20180109151524j:plain

チームスピリット社を選んだ理由を教えて!

改めて、なぜチームスピリット社だったのかを聞いてみました。

f:id:a-matsuda:20180105224312p:plain

  • なるほど、会社のビジョンや価値観、チームスピリットの一員になることによって携わる仕事に魅力を感じて入社を決めたメンバーが多いのがよくわかります。
  • 続いて、フレックスタイム制(PDチームは11:00~16:00がコアタイム)や在宅勤務制度(時短メンバー以外は週1回)など、仕事に集中できる制度も魅力に感じてくれたようです。
  • PDチームの文化(勉強会やテックランチ)に触れて、ここで働いてみたいと思ってくれたメンバーも多かったのは、チームの一員として大変嬉しい限りです!

チームスピリットでは定期的に勉強会を主催していますので、ぜひ興味のあるものがあれば、お越しください!connpassページへ

まとめ

2回に渡ってお届けしました、プロダクトディベロップメントチーム解体新書、いかがでしたでしょうか?
いつも一緒に仕事をしていても、案外知らないことがあることに気づきましたし、面白いチームメンバーに囲まれ刺激的&幸せだと再認識した、自身にとっては意味のある企画でした。
チームについては十分知り尽くしているというそこのあなた、ぜひチームの解体新書作りにチャレンジしてみてください。思わぬ発見があるかもしれませんよ!

最後に

チームスピリットでは、一緒にプロダクト開発を推進してくれるメンバーを募集しています!少しでも興味をお持ちのかた、ぜひオフィスに遊びに来てください。お待ちしています♪

エンジニア募集

QAエンジニア他募集中!